So-net無料ブログ作成
検索選択

第九回「牡鹿半島を支援する会」・議事録      2012.2.19 石見

 

 

 皆様

 

 今晩は、昨日は新しく川上まゆみさん、野間崎 浩さんのお二人が

参加され実質、本年の最初の会議が行われました。

 討議テーマが多かった為、余裕のない会議でした。テーマをもっと

絞るべきだったと反省しています。

 

 議事録を添付しました。

 

 追伸;

 小川裕康さん、加藤良重さん、坂下香澄さん、竹内明美さん「牡鹿

半島を支援する会」を市へ団体登録をする為に会員の氏名、住所、

電話が必要です。 私は24日に東京を立ち牡鹿へ行きます、其れま

でにご連絡下さいませ。

 

 

牡鹿半島を支援する会

事務局長/現地支援担当

  石見喜三郎

 

第九回「牡鹿半島を支援する会」・議事録      20122.19 石見

 

開催日時;2012/02/19  10:0012:45

開催場所;豊泉会長宅

出席者;川上まゆみ、加藤良重、野間崎 浩、北澤 明、坂下香澄、豊泉喜一、石見喜三郎

 

1.スタートが10:25に成る。

2.        川上さん、野間崎さんが初めての参加なので、全員の自己紹介から始める。

3.        川上さんは石巻市渡波でご主人と調査のボランティアの実績有り。

 

4.        石見の叩き台に沿って討議に入る。

4-1 春の楽市に関して

a.4/22の春の楽市のエントリの手続きは北澤さんにお願いする。

b.外のテントで物販を主に行う。募金活動の可否のチェック(石見)

c.支援活動報告の為の展示は多くは無理だろう(再度、詰めの打ち合わせをする)

d.販売する品物。

イ.ワカメ(生か塩蔵)、めかぶ

ロ.鯨肉 

ハ.その他の宮城産の水産物・水産加工物 (現地でこれ等の調査⇒石見)

 

4-2 市への団体登録に関して

 a.施設を借りる時など利用価値が有るので登録をする(北澤)

b.会員名簿を整備する(石見)

 

4-3 3月、4月の牡鹿半島産のワカメ、めかぶの販売について

a.北口の直売所での販売を考えている(鈴木、石見)

b.生の状態での販売は無理ではないか。塩蔵わかめを主力に考えよう

c.生の販売に意味が有るので、現地の漁師と相談する(石見)

d.衛生の点から考えて市の施設で袋詰めしよう(現地で袋詰め出来ないか、漁師と詰める・石見)

 

4-4 ワカメの収穫作業のボランティアに関して

  石見から経過報告あり。現在、大学の友人夫婦、高校の同期の数人が行く事が決定。他に20人位に声を掛けている。

 

4-5 家族の記念写真の撮影に関して  石見から経過報告。

a.撮影者の募集のチラシ105枚を市の生涯学習センターへお願いして7箇所の学習館に置かしてもらう為に届ける。

b.現在、遠藤太一さん(決定)前川 務さん(決定)、真壁繁樹さん、山本夏樹さんが申し出てくれている

c.2/27から被災者の希望を聞く作業に入る(石見)

 

4-6 今後のイベントに関して

  豊泉会長より半島の小学生を対象に竹とんぼを飛ばす大会の詳細を詰めようとの提案あり、石見が大原小学校の教頭と近日中に打ち合わせをする。

 

4-7 その他に関して

 a.立川市へ宮城県から9世帯19人が避難している。これらの方々の支援をしよう。その為に来てる方々の連絡先を知ろう(石見)。宮城産の物を売る時の手伝いをして貰えないか。復興の活動を一緒に出来ないか。楽市の時も一緒に出来ないか。

b.保育所、小、中学校の卒業生のお祝いは機関への祝電を打つことに決定(坂下、石見)

c.仮設のお年よりの楽しみに花壇か僅かな花畑を贈呈するのは、現地の要望を良く聞いからにしよう(石見)

 

  



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。